完全無料!全国対応!修理や清掃もOK!ソーラーパネルを最大10社から一括見積。一括見積もりスタート

太陽光発電は屋根か野立てかどっちが良い?【メリット】

太陽光発電一括見積もり 最新のお問い合わせ状況一覧


 

 

 

目次

①太陽光発電を屋根に設置する場合のメリットデメリット
②太陽光発電を野立てで設置する場合のメリットデメリット
③太陽光発電は屋根か野立てかどっちが良い?

 

 

 

①太陽光発電を屋根に設置する場合のメリットデメリット

 

メリット

・盗難の心配がない
・屋根に取り付けるので、後々影になるリスクが少ない。
・戸建住宅であれば、ほとんどの家庭で取付が容易

 

デメリット

・初期コストの工事費が割高
・パネルに不具合があった際やメンテナンス時に修繕費が高くなる。
・パネルの設置スペースが限られる
・基本的に屋根の面積が少なく家庭用(10kW未満)しかスペースがない場合が多いので10年間の売電保証しかない。

 

 

 

②太陽光発電を野立てで設置する場合のメリットデメリット

 

メリット

・設置のスペースによる制限が受けにくく、売電収入が多くなる
・基本的に産業用(10kW)として設置する場合が多く、20年間の売電保証がある
・工事費や修繕費が安い

 

デメリット

・土地を持っている 又は 借りるコストがかかる
・建設当初は良くても後々影になってしまう様な建物が建つリスクがある
・雑草除去のコストが別途掛かる
・近くに電源がない場合は、別途電源確保の費用が掛かる
・盗難やいたずらのリスクがある

 

 

 

③太陽光発電は屋根か野立てかどっちが良い?

 

勿論、太陽光発電の運用目的によってどちらが良いか変わってきますが、私としては、土地があるなら断然野立ての方が良いと思います。

 

盗難や雑草費用等の屋根にはない、諸々の問題はありますが、野立てで多くのモジュールを設置出来る環境の方が将来の収益的に良いです。

 

やはり、産業用としての一番のメリットは売電収入が20年続くという事です。

 

また、設置規模が大きくなればなるほど、初期コストは割安になってくるので、投資目的の方が強い方は野立てで考えるべきでしょう。

 

ただ、一般家庭で野立てにするなら10kW~15kWぐらいのパネルを設置する事をおすすめします。

 

これも個人的な見解になりますが、上記の規模ぐらいが費用対効果が良いと思っています。
総額も300万前後ぐらいなので、新車を買えるぐらいの金額を捻出できればいい訳ですから。

 

それ以上でもそれ以下でも、バランスが悪いのです。

 

基本的に太陽光発電を考えるなら、現金購入一択です。
ソーラーローン等の分割で導入する事もできますが、金利が約10%程掛かってくるので、原資の回収速度が遅くなってしまいます。

 

今まで書いた事はあくまで標準的な一般家庭の話なので、企業やお金持ちなら、無理のない金額であればもっと大規模でも問題ありません

 

完全に投資用で大規模な太陽光発電システムであれば、ソーラーローンも全然問題ありません

 

逆に、投資要素が薄く、家庭の電気代をペイ出来て、少しのお小遣いがあればいいや!
と考えている方は屋根に設置した方が良いでしょう。

 

金額も50万~100万ぐらいで、10年未満で原資を回収し、あとは自宅の消費電力を太陽光発電で賄うというのが、屋根設置の場合の理想的な流れです。

 

野立てでも屋根でもどちらにも言える事ですが、太陽光発電システムはどれだけ初期コストが安く出来るかが重要です。

 

飛び込みやテレアポでの営業では、統計的に見て相場以上の金額の見積がくる事がザラです。

 

太陽光発電ログ」では、一回の見積依頼で最大10社と比較検討が出来るので、必然的に安く、尚且つ 信頼が出来る業者と出会えます。

 

太陽光発電をご検討の場合は是非、弊社より見積依頼をしてください。

 

 

 

関連記事

太陽光発電の設置価格費用の相場【ローンや1kWあたり】

 

太陽光発電のメーカーおすすめ比較ランキング【シェアや評判】

 

太陽光発電(ソーラーパネル)の法定耐用年数や寿命

 

太陽光発電の売電収入の計算方法【kWとkWh違い】

 

太陽光発電の電気の売電価格(買取価格)は【今後の予想】

 

太陽光発電のO&M【メンテナンス費用や維持費用の相場】

 

太陽光発電のリスク【雨漏り|詐欺の危険性|近隣トラブル】

 

太陽光発電投資と不動産投資はどっちが良い?損得比較!

 

太陽光発電の種類の違い【家庭用・産業用・メガソーラー】

 

太陽光発電で得た売電収入の確定申告【勘定科目は?】

一括見積もりスタート