完全無料!全国対応!修理や清掃もOK!ソーラーパネルを最大10社から一括見積。一括見積もりスタート

追尾型太陽光発電(トラッキングシステム)とは?

太陽光発電一括見積もり 最新のお問い合わせ状況一覧


 

 

 

目次

①太陽光発電のトラッキングシステムとは?
②トラッキングシステムのメリット・デメリット

 

 

 

①太陽光発電のトラッキングシステムとは?

 

太陽光発電を導入する際に、設置方向で悩む方が実は結構いらっしゃいます。

 

何故方向で悩むかというと、太陽光が一番効率よくあたる場所は何処か?考える為です。
とくに土地が膨大だと選択肢の多すぎてどこが効率が良いポイントか難しいです。

 

そんな時に便利なのが「トラッキングシステム」という太陽の動きに合わせてを自動追尾してくれる装置です。

 

「トラッキング=跡をたどること」「システム=装置」なのでそのままの意味です。

 

また、トラッキングシステムには「1軸追尾型」と「2軸追尾型」があります。

 

「1軸追尾型」はパネル部分のみが動くのが特徴です。
「2軸追尾型」はパネル部分とポール部分が動くので、単純に光だけを追いかけるだけなく、季節による微妙な太陽の光の角度も自動で調節してくれます。

 

現在トラッキングシステムでもっとも有名なメーカーのは「フジプレアム」です。

 

 

 

②トラッキングシステムのメリット・デメリット

 

メリット

 

・発電効率が高く、固定型と比べると約1,5倍程売電収入が増える
・ポールの上に太陽光パネルを設置するので、下の空間のスペースが無駄にならなく、自由度が高い

 

トラッキングシステムで疑問に思う事がある点としたら、雪や台風の時は大丈夫か?
という部分が気になると思いますが、そのあたりの気象の変化も対応が可能です。

 

雪の時は、直立にして雪が積もらないように自動で感知してくれます。
逆に台風の時は、吹き飛ばされないように水平にしてくれます。

 

 

デメリット

 

初期の設備投資額の回収が15年程で家庭用ではメリットが弱い
・需要はあるがコストが膨らむ為、事業の採算性が悪く選べるメーカーが少ない
・景観が悪い

 

やはりデメリットとしては、どうしてもコストが気になります。
無理をせずに相乗効果が出せるのは農地や駐車場等に限られます

 

ただ、単純にシステムのコストが高いというだけで否定をするのはよろしくありません。

 

本来であれば、太陽光パネルを高いところに設置する場合は、屋根や屋上にしか置けないのですが、農地や駐車場では屋根がないところの方が多いです。

 

そんな時に太陽光発電で売電収入を稼ぎつつ、トラッキングシステムの下で収益性のある事業を行えば、導入するメリットは高いです。

 

今はトラッキングシステムを導入した事による農産物の影響をデータで収集している段階なので、影響がないのであれば、農家の方は一度検討しても良いかもしれません。

 

今は少子高齢化で高齢の農家は非常に多いです。
太陽光発電システムはトラッキングシステムのあるなしに関わらず、遺産での節税対策にもなります

 

ご興味がある方は是非「太陽光発電ログ」で見積依頼をしてください。

 

 

 

関連記事

太陽光発電の設置価格費用の相場【ローンや1kWあたり】

 

太陽光発電のメーカーおすすめ比較ランキング【シェアや評判】

 

太陽光発電(ソーラーパネル)の法定耐用年数や寿命

 

太陽光発電の売電収入の計算方法【kWとkWh違い】

 

太陽光発電の電気の売電価格(買取価格)は【今後の予想】

 

太陽光発電のO&M【メンテナンス費用や維持費用の相場】

 

太陽光発電のリスク【雨漏り|詐欺の危険性|近隣トラブル】

 

太陽光発電投資と不動産投資はどっちが良い?損得比較!

 

太陽光発電の種類の違い【家庭用・産業用・メガソーラー】

 

太陽光発電で得た売電収入の確定申告【勘定科目は?】

一括見積もりスタート