完全無料!全国対応!修理や清掃もOK!ソーラーパネルを最大10社から一括見積。一括見積もりスタート

太陽光発電の接続箱とは?【集電箱との違い】

太陽光発電一括見積もり 最新のお問い合わせ状況一覧


 

 

 

目次

①接続箱とは?
②接続箱の分類
③接続箱の選び方
④接続箱と集電箱の違い

 

 

 

①接続箱とは?

 

接続箱はストリング単位事に発電した電力を集める装置の事を指します。
ソーラーパネルのまとめ役みたいな役割をします。

 

ストリングとは、上の画像でいえば、横長のソーラーパネルが3つ並んでいるのが分かると思いますが、1つ1つをストリングと言います。

 

ちなみに、3つ並列している状態をアレイと呼びます。
画像では3つですが、それ以上でも並列していればアレイとなります。

 

詳しくは「太陽光発電システムの仕組み【セル・モジュール・アレイ違い】」をご覧ください。

 

こうして集めた直流の電力をパワーコンディショナー(パワコン)に送り、パワーコンディショナーが交流電力に変えて家庭内で使える様にします。

 

また、ただ電気を集める訳ではなく、下記の様な装置が搭載されています。

 

入力側直流開閉器「ストリング事に電力のオン/オフが出来、開閉器が多ければストリング数も増やせます。」
逆流防止素子「影になったりした場合だと電圧が低くなるので、他のパネルから電流が流れない様に保護します。」
避雷素子「雷で壊れるのを防ぐ機能です。」

 

 

 

②接続箱の分類

 

接続箱は太陽発電所にあったものを選ぶ必要があり、大きく分けて3つのタイプに分かれます。
ただ、構造構成自体にそれほどの違いはないです。

 

住宅用で最大入力電圧がDC450V以下のもの
産業用で低圧で使用出来る最大入力電圧がDC750V以下のもの
産業用で高圧で使用出来る最大入力電圧がDC1000V以下のもの

 

DCと書いてありますが、これは直流電圧の事を指します。
ちなみに、ACは交流電圧の事で、家電製品のアダプタ等でよく見ると思います。

 

最大入力電圧とは、太陽光パネルから受け入れられる最大電圧の事になります。
最大値を超える電圧が送られてくる場合は、無駄に捨てられるのと故障の原因にもなります。

 

 

 

③接続箱の選び方

 

接続箱には屋内型と屋外型がありますが、それぞれ環境に適した保護等級を選ぶ必要があります。

 

屋内型はJIS C 0920保護等級がIP44以上のもの
屋外型はJIS C 0920保護等級がIP55以上のもの
を選ぶと良いでしょう。

 

IPは保護構造を現したもので、
十の位の数字の「第一特性数字」は異物に対しての保護レベル
一の位の数字の「第二特性数字」は水に対しての保護レベル
となっております。

 

例えば「IP31」という保護等級の場合は、「2.5mmより大きい固形物に対して保護されていて、鉛直に落ちてくる水滴に保護出来るレベル」という見方になります。

 

また、電圧は太陽光パネルとパワコンに合わせる事も重要です。
太陽光発電システムを導入する際にが選定する順番というものがあります。

 

1番始めに選ぶのが太陽光パネル、2番目にパワコン、3番目に接続箱です。
この為、太陽光パネルとパワコンのに定格電圧を合わせて、最大出力電圧は太陽光パネル以下にするのが正しい選び方です。

 

 

 

④接続箱と集電箱の違い

 

数百kW以上の大規模太陽光発電所の場合は、接続箱のほかに集電箱というのが必要となってきます。

 

大規模太陽光発電所の場合、電力は接続箱でまとめられますが、それでも規模が大きいので、接続箱で集めた電力をさらに集電箱に集約してパワーコンディショナーに送ります。

 

会社のホウレンソウ(報告・相談・連絡)をイメージすればわかりやすいです。

 

小規模の会社「平社員(太陽光パネル)」→「課長(接続箱)」→「部長(パワコン)」
大規模の会社「平社員(太陽光パネル)」→「主任(接続箱)」→「課長(集電箱)」→「部長(パワコン)」
というイメージですね。

 

 

 

関連記事

太陽光発電の設置価格費用の相場【ローンや1kWあたり】

 

太陽光発電のメーカーおすすめ比較ランキング【シェアや評判】

 

太陽光発電(ソーラーパネル)の法定耐用年数や寿命

 

太陽光発電の売電収入の計算方法【kWとkWh違い】

 

太陽光発電の電気の売電価格(買取価格)は【今後の予想】

 

太陽光発電のO&M【メンテナンス費用や維持費用の相場】

 

太陽光発電のリスク【雨漏り|詐欺の危険性|近隣トラブル】

 

太陽光発電投資と不動産投資はどっちが良い?損得比較!

 

太陽光発電の種類の違い【家庭用・産業用・メガソーラー】

 

太陽光発電で得た売電収入の確定申告【勘定科目は?】

一括見積もりスタート