完全無料!全国対応!修理や清掃もOK!ソーラーパネルを最大10社から一括見積。一括見積もりスタート

センチュリースバルソーラーの太陽光発電の評判・特徴・口コミ

太陽光発電一括見積もり 最新のお問い合わせ状況一覧


 

 

 

目次

①センチュリースバルソーラーのソーラーパネルのメリット・デメリット
②センチュリースバルソーラーのソーラーパネルの特徴
③センチュリースバルソーラーのソーラーパネルの評判
④他メーカーの関連記事 (★が多い程おすすめなメーカー)

 

 

 

①センチュリースバルソーラーのソーラーパネルのメリット・デメリット

 

センチュリースバルソーラー株式会社と聞いて、ソーラーという言葉から太陽光発電事業関連の会社かなと連想できた人なら、あまり聞いたことがないと感じるのではないでしょうか。

 

一体何の会社なのか皆目見当がつかないという人は、恐らくセンチュリースバルソーラー株式会社の名前を一度も聞いたことがない人で、日本では大多数がこちらに該当すると考えられます。

 

センチュリースバルソーラー株式会社は、自社一貫製造で太陽光パネルを作っているのですが、その太陽光パネルは非常に耐久性が高く、長い間使用可能というメリットを生み出しています。

 

モジュールを作る最小単位であるセルはシリコンを使った単結晶タイプですが、センチュリースバルソーラー株式会社ではこのシリコン原料さえも自社で作り、作り上げたセルからモジュールを作るという徹底ぶりです。

 

原料のシリコンから自社生産することで、安定供給が実現し、モジュールを作れないという状況に陥るリスクが非常に低いところが大きなメリットです。

 

更にシリコンからセルを作り、そしてモジュールを作成するという流れが確立していますので、短期間に作り上げることと、自社管理のもとで徹底した品質管理が可能なことも、大きなメリットと言えるでしょう。

 

モジュールを覆うガラス表面もJIS規格の倍の強度を実現しているため、高耐久性を実現したソーラーパネルを提供することにつながっています。

 

そんなセンチュリースバルソーラー株式会社が送り出すソーラーパネルには、デメリットなどないように感じられますが、デメリットとして挙げるなら、中国製であることと導入にかかる費用がいくらくらいになるかがはっきりしないことです。

 

日本シェアや周りでの導入事例も極端に少ないメーカーなので、必然的に口コミがの母数が少なく、比較が難しいメーカーです。

 

また、2018年6月にメーカー(会社)のホームページにアクセス不可となりました。
一週間程アクセスを試みましたが、一度も復旧しておりません

 

情報として倒産したという情報は入っておりませんが、太陽光発電は撤退も多いので、もしかしたら「既に、、、、」という事なっている可能性があります。

 

ただ、メーカーのホームページが見れないという点は、日本では倒産寸前という認識がある為、太陽光発電を比較検討した際に、このメーカーが土俵に乗ってくる事はないでしょう。

 

 

 

②センチュリースバルソーラーのソーラーパネルの特徴

 

セルの素材であるシリコンから作り、モジュールを組み立て、耐久性の高いガラスで覆うことでソーラーパネルを仕上げるという一貫した生産体制は、信頼に値すると言えます。

 

一方で、導入にどのくらいの費用がかかるのかがわからないというのは不安材料ですが、これにはセンチュリースバルソーラー株式会社がメインに取り組んでいる太陽光事業の内容が大きく関係していると考えられます。

 

それというのも、センチュリースバルソーラー株式会社が主に手掛けているのは、メガソーラー事業であり、個人の家の屋根に太陽光発電システムを取り付けるのではないからです。

 

そもそもメガソーラーとは、広い場所を利用して出力が、1,000kWを超える規模の大きな太陽光発電事業を指します。

 

広い場所にソーラーパネルをずらりと並べる必要性があることから、システム管理に優れた会社が必要です。

 

メガソーラーを行う目的は、太陽という全く費用を必要としない資源から、エネルギーを作ることができるため、クリーンなエネルギーの確保をするということが一番にあります。

 

ただ、メガソーラーで作られたエネルギーは、発電されたすべての電気の買取りが可能です。

 

これは、家庭で発電した場合、まずは太陽光発電によって得た電気を使い、残った分だけを買い取るシステムと大きな違いがあります。

 

メガソーラーで発電された電力は、すべてが買い取られてお金になることから投資対象になるという特徴を持っているからです。

 

センチュリースバルソーラー株式会社が太陽光発電システムを手掛ける会社として、あまり馴染みがないのは、主にメガソーラー事業を行っていることに起因しています。

 

仮に投資対象としてセンチュリースバルソーラー株式会社を見たとき、メーカーとしてのセンチュリースバルソーラー株式会社がソーラーパネルに10年の保証を、更に出力に対しては25年の保証をしているというのは、非常に優秀だと言えます。

 

さらに、製造元は中国の国営中央企業であることから、メーカーと製造元のどちらか一方が保証できなくなった場合でも、残った方から保証が受けられるという特徴があります。

 

そのため、メーカーと交渉するという一面だけでなく、中国という国とも大いに関連性を持ちながらソーラーパネルを購入するかどうかを検討しなくてはならないのは、他のメーカーにはないかなりの特徴と言えるでしょう。

 

 

 

③センチュリースバルソーラーのソーラーパネルの評判

 

センチュリースバルソーラー株式会社のソーラーパネルを購入し、太陽光発電を行うということは、必然的にメガソーラー事業を興すということになります。

 

そのため、現在のところでは兵庫県姫路市が1000kWの規模で工事に着手中です。

 

姫路市では日本の太陽光発電システムメーカーが既にメガソーラー事業に乗り出しているなど、いくつかのメガソーラー事業が行われており、どの工事がセンチュリースバルソーラー株式会社のソーラーパネルを使って行われているのか、更にその進捗状況がどうなっているかがはっきりしません。

 

しかしながら、日中合弁事業という観点から見ますと、こうした取り組みから国同士の関係改善がなされることで、センチュリースバルソーラー株式会社の評判も上がっていくのではと推察されます。

 

 

 

④他メーカーの関連記事 (★が多い程おすすめなメーカー)

 

【★35個・1位】 京セラ

 

【★28個・2位】 ソーラーフロンティア

 

【★26個・3位】 パナソニック

 

【★25個・4位】 シャープ

 

【★24個・5位】 ハンファQセルズ

 

【★24個・日本のシェアがないので圏外】 サンパワー

 

【★22個・6位】 三菱電機

 

【★21個・知名度がないので圏外】 ファーストソーラー

 

【★21個・中国メーカーなので圏外】 インリーソーラー(インリーグリーンエナジー)

 

【★20個・7位】 東芝

 

【★20個・中国メーカーなので圏外】 JAソーラー

 

【★20個・中国メーカーなので圏外】 トリナソーラー

 

【★19個・8位】 長州産業

 

【★19個・中国メーカーなので圏外】 サンテックパワー

 

【★18個・9位】 カナディアンソーラー

 

【★16個・10位以下】 カネカ

 

【★15個・中国メーカーなので圏外】 アップソーラー

 

【★14個・10位以下】 フジプレアム

 

【★13個・中国メーカーなので圏外】 ジンコソーラー

 

【★11個・ホームページが見れないので圏外】 センチュリースバルソーラー

 

 

 

関連記事

太陽光発電の設置価格費用の相場【ローンや1kWあたり】

 

太陽光発電のメーカーおすすめ比較ランキング【シェアや評判】

 

太陽光発電(ソーラーパネル)の法定耐用年数や寿命

 

太陽光発電の売電収入の計算方法【kWとkWh違い】

 

太陽光発電の電気の売電価格(買取価格)は【今後の予想】

 

太陽光発電のO&M【メンテナンス費用や維持費用の相場】

 

太陽光発電のリスク【雨漏り|詐欺の危険性|近隣トラブル】

 

太陽光発電投資と不動産投資はどっちが良い?損得比較!

 

太陽光発電の種類の違い【家庭用・産業用・メガソーラー】

 

太陽光発電で得た売電収入の確定申告【勘定科目は?】

一括見積もりスタート