完全無料!全国対応!修理や清掃もOK!ソーラーパネルを最大10社から一括見積。一括見積もりスタート

カネカの太陽光発電の評判・特徴・口コミ

太陽光発電一括見積もり 最新のお問い合わせ状況一覧


 

 

 

目次

①カネカのソーラーパネルのメリット・デメリット
②カネカのソーラーパネルの特徴
②カネカのソーラーパネルの評判
④他メーカーの関連記事 (★が多い程おすすめなメーカー)

 

 

 

①カネカのソーラーパネルのメリット・デメリット

 

化学メーカーとして有名なカネカでは、ソーラーパネルも取り扱っています。

 

カネカのメリットの一つとして、屋根と一体化させることができ、調和バランスを保てる点が挙げられます。

 

瓦型のソーラーパネルを使用することもできるため、違和感のない美しい外観を維持することが可能です。

 

ソーラーパネルを設置しても外観の美しさを保ちたいといった希望がある方にはカネカがおすすめです。

 

瓦型の他にも屋根据置型のソーラーパネルもあります。
好みに合わせて好きなタイプを選ぶことができるのもメリットです。

 

通常、瓦屋根の場合でもソーラーパネはどうしは平行に設置されます。

 

しかし、カネカの場合「混ぜ葺き」と言って瓦のように重ねる形で、設置する事が出来るで「あからさまな太陽光パネルだと外観的に・・・」という方は非常におすすめです。

 

太陽光発電の設置には取付が甘く、雨漏りや倒壊する可能性がある場合がありますが、そこの辺りの慎重さは他メーカーの追随を許しません。

 

またカネカでは、薄膜シリコン太陽電池でソーラーパネルを製造しています。
そのため、他のソーラーパネルと比較してみてもシリコンを少量しか使用していませんので、導入コストを大幅に下げることができ、エコにつながります

 

更に太陽電池を目立たなくさせることができる点や軽量になっている点も魅力です。
何よりも嬉しいのは、安い費用で設置できることです。

 

保証面において、太陽光モジュールの公称最大出力が81%を下回ったら、修理やメンテナンスだけでなく、無償で太陽光パネルを追加し、補填してくれるという部分においても太っ腹な企業と言えます。

 

デメリットは、発電効率が高くないという点が挙げられます。

 

薄膜シリコンで製造されているカネカのソーラーパネルの発電効率は10%ほどですが、結晶シリコンを使用しているものは19%もの発電効率があります。

 

このように発電効率を比較してみるとカネカのソーラーパネルは、高い発電量を稼ぐことができないことがわかります。

 

カネカを設置している自宅を見てみると新築物件が多く、現在リフォーム業者で取り扱っているところはほとんどありません。

 

カネカは、屋根瓦一体化のソーラーパネルを設置することができますが、修理を行う際には工事が大掛かりになってしまうこともあります。

 

ただ、逆に言えばそれだけ、カネカの太陽光パネルの取り付けには技術力が必要となるので、設置業者自体に安心が出来るという点があります。

 

カネカのメリットではなく、設置業者のメリットとして参考に出来ます。

 

また、保証面は強いですが、保証「期間」でいうと弱いです。
カネカでは10年保証がついてきますが、10年間というのは最低レベルの保証期間となります。

 

 

 

②カネカのソーラーパネルの特徴

 

カネカは1949年に設立し、実に60年以上の歴史がある老舗企業です。

 

また、当初から「化成品、機能性樹脂、発泡樹脂製品、食品、ライフサイエンス、エレクトロニクス、合成繊維」等の事業を手掛けている為、太陽光発電事業をやるべくしてやっている企業なので、絶大な信頼感があります。

 

資本金も330億46百万円で申し分ありません。

 

カネカのソーラーパネルは、安定性に優れています

 

厳しい性能試験をクリアしたもののみ提供しているため、高品質なソーラーパネルを設置したいという方におすすめです。

 

カネカでは、独自の風洞実践装置で性能試験を行っています。
人工的に作られた風と雨の状況で耐風性や防水性を検査し、厳しい性能試験を行っているのもカネカならではの特徴です。

 

海外メーカーだと実演でのテストを行わないメーカーもありますので、この辺りは日本企業といったところでしょうか。

 

現在、カネカのソーラーパネルシリーズは、「屋根材一体化タイプのVISOLA(ヴィソラ)」「ストレートタイプのSoltileX(ソルティレックス)」「薄膜シリコン系パネルを使用したGRANSOLA(グランソーラ)」の全部で3種類あります。

 

屋根材一体化タイプは25Wの出力があり、屋根材として使用して一体化できますので、スペースを無駄なく使えます。
ストレート専用タイプの出力数は33Wです。

 

しかし、ストレート専用ですので、瓦屋根に設置することはできません。
ストレートタイプの屋根に設置するときには、専用の金物を使い、穴を開けずに取り付けることが可能です。
薄型で目立ちにくくなっているのも嬉しい特徴と言えるでしょう。

 

また、カネカのソーラーパネルは変換効率が良くないと書きましたが、薄膜シリコン系パネルを使用したGRANSOLA(グランソーラ)は、アモルファスシリコンを採用したHITパネルですので、実発電量は割と高いです。

 

モニターを見るだけで発電量や消費量がわかります。
また、自給率や発電した電力なども随時確認することも可能です。

 

電極なども含めて色調を統一させることができますので、屋根材に溶け込み美しい外観を維持できます。

 

瓦の代わりにソーラーパネルを使用することができるタイプもあるため、屋根材にかかる費用を抑えることができ、コストパフォーマンスも期待できます。

 

 

 

②カネカのソーラーパネルの評判

 

実際にカネカのソーラーパネルを設置した方の口コミをチェックしてみますと、評価の高さを知ることができます。

 

ソーラーパネルを設置しているとは思えないほど屋根と一体化していますので、見た目が美しさを維持することができていると喜びの声を寄せている方もいます。

 

また、雨が多かった月も予想以上の発電が行えているという意見もありました。

 

 

このような良い評価を得ている理由として挙げられるのは、薄い形状になっていて見た目がとてもシンプルなソーラーパネルだからです。

 

また、薄型でありながら色味も落ち着いていますので、家全体の見た目に合わせて妥協することもありません。

 

カネカは、美観性に特化してソーラーパネルを製造しています。
屋根に穴を開けなくても設置できる点も魅力といるでしょう。

 

従来のソーラーパネルは、穴を開けて設置しなければ、強い雨風などの自然災害に対応することはできないと言われてきました。

 

しかし、現在ではシンプル・レイ工法で設置することができ、どんな屋根でも穴を開けずにソーラーパネルを設置できるようになりました

 

フレームの上にパネルを乗せて軒下で固定することもできますので、屋根に穴を開けることや傷を付けることなくソーラーパネルを設置したいという方からもカネカは評判です。

 

 

 

④他メーカーの関連記事 (★が多い程おすすめなメーカー)

 

【★35個・1位】 京セラ

 

【★28個・2位】 ソーラーフロンティア

 

【★26個・3位】 パナソニック

 

【★25個・4位】 シャープ

 

【★24個・5位】 ハンファQセルズ

 

【★24個・日本のシェアがないので圏外】 サンパワー

 

【★22個・6位】 三菱電機

 

【★21個・知名度がないので圏外】 ファーストソーラー

 

【★21個・中国メーカーなので圏外】 インリーソーラー(インリーグリーンエナジー)

 

【★20個・7位】 東芝

 

【★20個・中国メーカーなので圏外】 JAソーラー

 

【★20個・中国メーカーなので圏外】 トリナソーラー

 

【★19個・8位】 長州産業

 

【★19個・中国メーカーなので圏外】 サンテックパワー

 

【★18個・9位】 カナディアンソーラー

 

【★16個・10位以下】 カネカ

 

【★15個・中国メーカーなので圏外】 アップソーラー

 

【★14個・10位以下】 フジプレアム

 

【★13個・中国メーカーなので圏外】 ジンコソーラー

 

【★11個・ホームページが見れないので圏外】 センチュリースバルソーラー

 

 

 

関連記事

太陽光発電の設置価格費用の相場【ローンや1kWあたり】

 

太陽光発電のメーカーおすすめ比較ランキング【シェアや評判】

 

太陽光発電(ソーラーパネル)の法定耐用年数や寿命

 

太陽光発電の売電収入の計算方法【kWとkWh違い】

 

太陽光発電の電気の売電価格(買取価格)は【今後の予想】

 

太陽光発電のO&M【メンテナンス費用や維持費用の相場】

 

太陽光発電のリスク【雨漏り|詐欺の危険性|近隣トラブル】

 

太陽光発電投資と不動産投資はどっちが良い?損得比較!

 

太陽光発電の種類の違い【家庭用・産業用・メガソーラー】

 

太陽光発電で得た売電収入の確定申告【勘定科目は?】

一括見積もりスタート