完全無料!全国対応!修理や清掃もOK!ソーラーパネルを最大10社から一括見積。一括見積もりスタート

JAソーラーのソーラーパネルの特徴・評判

■1.JAソーラーのソーラーパネルのメリット・デメリット

JAソーラーのメリットとして、大きく以下の5つのメリットが挙げられます。
第一に世界トップクラスのメーカーであること、第二に最先端の製造資材装置による生産能力を有していること、第三に太陽電池モジュールは多くの認証試験をクリアした高性能で高品質なものであること、第四に低コストで品質も保証されていること、第五として家庭用の小規模なものから産業用の大規模なものまで対応できる技術があることです。
JAソーラーは上海に拠点を置く中国のメーカーですが、最先端の製造資材装置を完備した工場を有しており、セルの年間製造能力は2.5GW、年間モジュール生産能力は1.8GWを有しており、発電事業向けの大量な太陽電池モジュールの受注にも対応できる世界規模のメーカーです。
品質管理を徹底した上での量産体制を築いてきた一方で、製造コストを大幅に減少させる新製造プロセスを開発したことも大きな魅力で、スケールメリットにより、太陽光発電を新たに導入したいときや増設したい際に利用すれば導入コストを抑えられるメリットもあるでしょう。
JAソーラーの太陽電池モジュールはISOをはじめ、JETやMCSなど世界レベルでの各種品質の証明を取得しており、安心して長期利用が行える耐久性もメリットです。
10年間の製品保証と25年間の世界的に見ても最長クラスの出力保証があり、製品の品質について自信があることがわかり、ユーザーにも信頼されている実績を持っています。
一方、デメリットといえば、ネットで情報を検索する限りにおいては、個人で判断するには少しわかりにくい点が挙げられます。
東京の千代田区丸の内という一等地にJAソーラー・ジャパン株式会社という日本支社を置いていますが、ホームページは中国語と英語しかないため、まずは詳しく知ってから検討したいという方にとって、言語の壁がネックとなるでしょう。

■2.JAソーラーのソーラーパネルの特徴

JAソーラーは2005年5月18日に中国で設立され、アメリカにも進出して、2007年2月7日にはアメリカのナスダック市場に上場を果たしています。
太陽光発電技術の研究と開発に非常に熱心で、長期にわたって研究開発に取り組み、変換効率が高く、コストパフォーマンスに優れた太陽光モジュールなどの開発に成功してきました。
住宅用をはじめ、産業用でも信頼を持ち、実用規模の発電用太陽光を電気に変換する高性能な太陽光発電システムにおいて、世界のメーカーを牽引し、高い技術で世界のメーカーをリードしているといっても過言ではありません。
長年にわたる研究開発の末に生み出されたオリジナル技術で開発された高変換効率のモジュールは特に産業用に適しており、世界各国の事業者に選ばれています。
モジュール製品のラインナップも多彩で、大規模発電メガソーラーから小規模発電まで幅広く対応できる製品の豊富さも魅力です。
反射防止ガラスや自動洗浄機能で発電ロスを抑えることで、風圧荷重2400Pa、積雪荷重5400Paと風の強い地域や積雪地帯でも耐えられる性能を持っています。
さらに塩水噴霧耐性とアンモニア耐性にも優れているため、潮風が強い海岸エリアなどでも活用が期待できます。
多彩な環境に適用可能で、急な気候変化などにも耐性を示す耐久性能も高い高性能太陽電池モジュールと言えるのではないでしょうか。

■3.JAソーラーのソーラーパネルの評判

JAソーラーは日本の一般家庭向けとしてはあまり知られていませんが、産業用やメガソーラーなどの発電所用としては知名度も高く、垂直統合型の太陽電池モジュールとセルの世界トップメーカーとして名を連ねる評判の高いメーカーです。
本拠地である中国をはじめ、ナスダック上場も果たしたアメリカやドイツ、オーストラリアなどの先進国から、中国に次ぐ人口を持ち市場ニーズが高いインドなど世界各国で品質の高さで信頼され、長期パートナーとして選ばれており、住宅向けから産業用、発電所などに幅広く使用されています。
世界で長期のパートナーとして選ばれる理由は、様々な気候や環境に耐えられる高い性能と耐久性や持久性が期待できること、量産体制が整っており、大規模な受注に対応できること、品質の良い製品を低価格で提供できるコストパフォーマンスの良さがあること、世界的な品質基準を満たす証明を取得するとともに安心の長期保証などがあることなど、世界レベルで使いやすい魅力と性能を備えているからです。
日本でもJAソーラー・ジャパン株式会社を拠点に販売がなされており、産業用や比較的小規模なメガソーラーなどで利用されています。
一般家庭レベルでは、どうしても中国メーカーや中国産への抵抗を持つ方や不安を持つ方が多いため、まだ普及が促進されていない段階にありますが、産業用として活躍していることが認知されてくれば、一般家庭へも浸透してくるのではないでしょうか。
日本メーカーの製品でも、実際の製造は中国の工場であるケースもあるため、一概に国産、中国産と分ける必要はないのかもしれません。

一括見積もりスタート